脂肪溶解注射・切らない脂肪吸引

脂肪溶解注射~大阪の美容外科~

脂肪は落としたいけど器具を差し込んで行う脂肪吸引は嫌だ、一部分の狭い範囲の脂肪を除去したい、という方にオススメなのが脂肪融解注射(メソセラピー)です。その名の通り、切開せずに脂肪を落としたいという部位に注射するだけですので、ダウンタイムもほとんどなく短時間で治療が終わるのも特徴。費用面も抑えられます!

脂肪溶解注射・切らない脂肪吸引の施術方法

脂肪溶解注射・切らない脂肪吸引の施術方法落としたい脂肪の部位に脂肪融解薬を注射するだけで脂肪融解燃焼を促すという方法です。脂肪融解薬の作用により脂肪が燃焼され血液に吸収、最終的には体外へ放出されます。施術時間は約10分程度で、術後から普段の生活に戻れるという特徴があります。脂肪融解注射の他にも切らない脂肪吸引として、超音波やレーザーなどを用いた方法もあります。器具を挿入する脂肪吸引に比べればダウンタイムも少なく、傷跡が残らないというメリットがありますが、広い範囲となると回数も費用もかさんでしまいます。脂肪を落としたい部位、理想のボディースタイルに合わせて適切な治療法を選ぶといいでしょう。

脂肪溶解注射・切らない脂肪吸引の流れ

脂肪溶解注射・切らない脂肪吸引の流れまず医師が患者さんの悩み、落としたい部分などを話し合い、注射の量、本数、手術内容、アフターケアについてのカウンセリングを行います。その後術中の痛みをなくす麻酔(麻酔クリームなど)を行い、どの位置に注射するのか事前に最終確認をし麻酔が効いたら手術に入ります。決めた位置に脂肪融解注射を行います。(約10分程度)術後は腫れもほとんどなく、その日から通常の生活を送れます。再度注射をする場合には2週間ほど間を空けてからになります(3~6回行うことでより効果が出ます)。

よくある質問

切開せず注射だけで脂肪を取り除き理想のスタイルを手に入れることができる脂肪融解注射。簡単ではあるものの、本当にそれだけで効果があるものなのか疑問に思う人もいるのではないでしょうか。ここでは脂肪融解注射のスペシャリストが、よくある質問・疑問について分かりやすく解説してもらいましょう!

質問

質問脂肪融解注射はリバウンドすることはないですか?太りにくくなるという事はあるのでしょうか?

回答通常のダイエットは、脂肪細胞の数は変わらず小さくなるだけです。リバウンドはこの脂肪細胞が再び大きくなることです。脂肪融解注射は脂肪細胞を溶かしてしまうため、再生しませんのでリバウンドもしにくく、太りにくい体質になるのです。

質問

質問なかなか通う時間がないので、1回で済ませることはできませんか?また2週間おきに複数回注射するといいそうですが、2週間ごとに通えない場合は効果が半減しますか?

回答顔など脂肪の少ない部位であれば1回でも若干の効果は表れることもあります。ただ脂肪の多い部分では6回くらいは注射しないと目に見えて分かるほどの効果は期待できません。また、脂肪融解注射は効果が半永久的に持続するので2週間以上空いても問題ありません。ただ2週間以内だと的確な注射ができないため効果が表れにくいです。

質問

質問脂肪も気になっているのですが、それ以上にセルライトも気になります。脂肪融解注射はセルライトも取れますか?

回答セルライトは老廃物やコラーゲンなどで固まった脂肪の塊です。脂肪融解薬には、セルライトも溶かす効果があるので、凸凹になった状態の部分も綺麗に仕上がります。

脂肪溶解注射・切らない脂肪吸引のおすすめT O P 3

的確な位置に適切な薬剤を注射する必要がある脂肪融解注射。薬剤の調合、注射する位置によって効果にも差が出てきます。また、1回だけで完了する施術ではないので、コストも重視する必要があります。大阪で脂肪融解注射をするならここがいい、オススメTOP3はこちら♪

城本クリニック

城本クリニック

丁寧なカウンセリング、実績十分でアフターケアも万全。肌の表面に注射を打つため、痛みが殆ど無く、落としたい脂肪を取り除いてくれます。

> 城本クリニックの詳細

聖心美容外科

聖心美容外科

脂肪融解注射に加え、インディバCET、カーボメッドなど部分痩せプログラムがあり、より確実に脂肪を除去することができます。

> 聖心美容外科の詳細

心斎橋コムロ美容外科

心斎橋コムロ美容外科

従来の脂肪溶解注射より腫れや赤味が少ないLipi-Cを使用。確かな知識と豊富な経験があるため、安心して治療を受けられます。

> 心斎橋コムロ美容外科の詳細