鼻を高くする手術

鼻を高くする手術~大阪の美容外科~

「鼻筋の通った鼻にしたい」、「西洋人のように眉間から高くしたい」といった悩みに答えてくれるのが鼻を高くする手術です。メスを入れるのに抵抗のある方なら、ヒアルロン酸を注入する方法、しっかり高くしたいという方ならプロテーゼを挿入する方法があります。ヒアルロン酸では、「プチ整形」ともよばれる施術で、注入しただけの効果は得られますが、数年かけて自然に吸収されるため、維持できる期間は限定されます。一方、プロテーゼを挿入する方法は半永久的な効果が得られますが、 プチ整形に比べると本格的な施術内容でコストもそれなりにかかってきます。こちらでは、プロテーゼを挿入する方法について、ご紹介していきます。

鼻を高くする手術の施術方法

鼻を高くする手術の施術方法低い鼻を高くするため、プロテーゼ(シリコン)を挿入して鼻筋を通す施術です。プロテーゼにはL型とI型があり、それぞれに特徴があります。患者さんの鼻の形にもよりますが、どちらがよいというものでもなく、向き不向きや好みの問題です。医師とよく相談して決めるとよいでしょう。鼻をデザインする際は、鼻だけにとらわれすぎず、顔全体とのバランスを考えることが重要です。また、切開する施術ではありますが、鼻の内側をわずかに切開してそこからプロテーゼを挿入していくため、傷痕が目立つことはありません。

鼻を高くする手術の流れ

鼻を高くする手術の流れカウンセリングの際、理想の鼻の高さや形をよく医師と相談し、デザインを決めます。手術当日は、局所麻酔をかけ、鼻の内側を切開し、プロテーゼを挿入し、最後に縫合します。手術にかかる時間は30分程度とあっという間です。術後はよく冷やす(アイシング)必要はありますが、鼻ギブスやテーピングは通常必要ありません。腫れの具合は個人差がありますが、見た目にはほとんどわからない状態で帰れる場合がほとんどです。後日抜糸を行いますが、術後特に異常がなければとりたててアフターケアは必要ありません。

よくある質問

プロテーゼによって鼻を高くする手術について、よくある質問をご紹介します。「鼻を高くする手術についてもっと知りたい!」、「受けてみようか検討中…」という方は、ぜひ目を通しておいて下さいね!

質問

質問術後の痛みについて教えてください。

回答術後、麻酔がきれても通常強い痛みはありません。しばらくアイシングしながら様子をみて、痛みが強いようであれば鎮静剤が処方されると思います。

質問

質問プロテーゼはブラックライトで光るという話をきいたのですが…?

回答正しく骨膜下に挿入されていれば、光ったり目立つということはありません。

質問

質問触った感じの不自然さはありませんか?

回答鼻に挿入するプロテーゼは人口軟骨とも呼ばれ、鼻の軟骨とほとんど同じ硬さをしています。よって、触った感じは自然な硬さです。

鼻を高くする手術のおすすめT O P 3

鼻を高くする手術として、プロテーゼの挿入があります。自然ですっと通った鼻筋を作るには、正しい位置に、ぴったりの形状・サイズのものを挿入する必要があります。術後にトラブルを起こさず、よい状態を保つには、医師の確かな腕が必要でしょう。

水の森美容外科

水の森美容外科

手術前に丁寧なヒアリングを行い患者さんに最良の方法を提案します。施術は一つ一つの作業を的確に行うため、キレイかつ自然に仕上がります。また他院よりも低価格で隆鼻術を実現しているのも魅力です。

> 水の森美容外科の詳細

心斎橋コムロ美容外科

心斎橋コムロ美容外科

仕上りを希望通りにするため、医師と納得行くまで話し合ってから、さまざまなタイプのプロテーゼからぴったりのものを選ぶ事ができ、ハーフのような美しい鼻筋にすることもできます。

> 心斎橋コムロ美容外科の詳細

聖心美容クリニック

聖心美容クリニック

要望や理想のイメージの共有をしっかりとカウンセリングしてから、一人ひとりの希望に合わせたプロテーゼを加工するオーダーメイドの手術で、半永久的に美しい鼻を維持します。

> 聖心美容クリニックの詳細