通院・入院が必要になると困る そんな女性もご安心を


働く女性が大阪にて美容整形を考えたとき、気になるのが仕事への影響です。ここでは、手術後のダウンタイムや通院・入院の必要性、美容整形後の過ごし方など、働く女性が美容整形を受ける際に抱える疑問について解説していきます。大阪の美容外科にて美容整形を考えている方は、ぜひ参考にしてみてください。


ダウンタイムはどれぐらい? 入院・通院の必要性は?


大阪の美容外科にて美容整形を受けるときには、腫れや痛み、内出血の続く期間、いわゆるダウンタイムについて気になるところ。ここでは、大阪の美容外科で人気の“二重”、“豊胸”、“シワ取り”の美容整形のダウンタイム期間と入院・通院の必要性に関して紹介します。


・二重の美容整形
二重の美容整形には、“埋没法”と“切開法”があります。埋没法では腫れや痛みは約3日、内出血は約1週間で治まってきます。埋没法では入院・通院の必要はありません。

一方、切開法では腫れは約1週間、痛みは約5日、内出血は約1週間で治まってきます。切開法では入院の必要はないものの、術後5~7日目には抜糸のために美容外科へ行く必要があります。


・豊胸の美容整形
豊胸の美容整形には、“ヒアルロン酸注入”や“脂肪注入”、“豊胸バッグ”があります。ヒアルロン酸注入では痛みや腫れが約3日続きます。入院や通院の必要はないので、仕事で忙しい方でも長期的に休みを取る必要はありません。

脂肪注入では痛みが約1週間、腫れが約2週間、内出血が約3週間続きます。豊胸バッグでは痛みが約1ヶ月、腫れが約2週間、内出血が約3週間続きます。どちらも入院の必要はないものの、経過観察や抜糸で脂肪注入法なら1~2回、豊胸バッグなら1~4回の通院が必要です。


・シワ取りの美容整形
シワ取りの美容整形には、“ヒアルロン酸注入”や“ボトックス注射”があります。ヒアルロン酸注入やボトックス注射は痛みや腫れなどが少なく、注射跡が約3日残る程度です。ヒアルロン酸注入やボトックス注射は、入院・通院の必要がありません。


メイクや入浴はいつから? 美容整形後の気になること


大阪の美容外科にて二重や豊胸などの手術を受けた後、どんなことに気をつけるべきなのでしょうか。ここでは二重、豊胸、シワ取りの3つの美容整形に関する術後の過ごし方などを紹介していきます。


・二重の美容整形
二重の美容整形の埋没法を受けた翌日には、洗顔や入浴ができます。ただ、目の周りは極力濡らさないようにする必要があります。アイメイクに関しては、手術の2日後から可能です。切開法も埋没法と同じく、洗顔は翌日からできます。ただ、切開法の場合も目の周りは極力濡らさないようにする必要があります。アイメイクに関しては、抜糸を終えて2日後から可能です。


・豊胸の美容整形
豊胸の美容整形ヒアルロン酸注入なら手術当日からシャワーが、翌日には入浴が可能です。運動は当日から可能ですが、血の巡りがよくなると腫れや内出血が起こることがあるため、なるべく避けた方が無難です。脂肪注入の場合は翌日からシャワーが可能で、入浴は術後1週間が経過してからが望ましいとされています。運動に関しては、約2週間は避けた方がよさそうです。豊胸バッグでは術後1週間経過した後に入浴を、運動に関しては術後2週間後から始めるのが安全です。


・シワ取り
シワ取りのためのヒアルロン酸注入やボトックス注射では、治療直後からメイクが可能です。さらに、入浴や運動も可能ですから、日常生活を普段通りに送ることができます。


大阪の美容外科で働く女性も無理なく外見変化ができる!


大阪の美容外科にて二重や豊胸、シワ取りなどの美容整形を受けるとき、ほぼ入院の必要はありません。ただ、二重の美容整形である切開法のように抜糸が必要な場合には、手術から数日後に美容外科へ行かなければなりません。美容整形から数日間は、メイクや入浴などが制限されることがありますので、ゴールデンウィークなどの長期休暇を使って美容整形を受けるといいかもしれません。大阪の美容外科にて美容整形を受けても、1ヶ月の休養が必要になるなどはありませんので、働く女性でも無理なく美容整形が受けられます。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加