形成外科と美容外科と美容皮膚科 そっくりさんの見分け方

コンプレックスを解消したいと思っても、形成外科、美容外科、美容皮膚科と診療科の名称が似ていることから、どの診療科で治療を受けたらいいのか迷ってしまうのではないでしょうか。大阪で「こんな症状はどの診療科で診てもらったらいいの?」と迷ってしまう方のために、3つの診療科ではどのような治療が行われているのか紹介していきます。


3つの医院で行われる治療とは?


形成外科、美容外科、美容皮膚科で行われている治療は異なります。ここでは、3つの診療科の特徴についてまとめています。


・形成外科
形成外科では、病気やケガなどが原因で外見が損傷してしまったときなどに治療が受けられます。例えば、乳がんで胸を切除したとき、再び胸を取り戻すために治療を受けるなら形成外科で治療を受けることができます。病気やケガなどが原因で治療が必要になることから、形成外科では健康保険の適用があります。


・美容外科
美容外科では、外見のコンプレックスを解消するためにメスを用いたりヒアルロン酸注射をしたりして目や鼻、胸などの治療を行います。日常生活で特に支障が出ているわけではないけど理想の外見に少しでも近付きたい、というときに受診するのが適しています。


美容外科は病気やケガなどを治すのが目的ではなく、自分の美しさを追求するために利用する場所ですから、健康保険の適用がほぼありません。ただ、眼瞼下垂のように日常生活に支障をきたす病気の治療も行っており、そのような治療なら健康保険が適用される可能性があります。


・美容皮膚科
美容皮膚科では、ニキビなどの肌トラブルで悩んでいる方のために、美肌に詳しい専門家が医療機器を用いて治療を行います。ニキビなどをなくして美肌を手に入れたいときには、美容皮膚科への受診が適しています。美容皮膚科にてニキビの治療を受けると、ニキビの改善はもちろんのこと、ニキビ跡や毛穴の改善まで同時にできます。さらに、肌のハリやツヤも同時に手に入れることができます。美容皮膚科は美容外科と同じく美容メインの治療ですから、健康保険の適用がほとんどありません。


美しさの追求に打ってつけなのは美容外科


美しさを追求するなら形成外科や美容皮膚科ではなく、美容外科への受診がおすすめです。大阪の美容外科では患者の理想の外見を実現するために、あらゆる診療項目を用意しています。一重や奥二重の方が二重になれる美容整形、鼻の低い方が鼻を高くできる美容整形、顔が大きく見える方が小顔になれる美容整形など、美容外科にて外見のコンプレックスを解消できます。これら以外にも、大阪の美容外科ではニキビなどの肌トラブルにも対応していますので、ニキビなどで悩む方でも受診することが可能です。


このように、美容外科では幅広い内容の治療を提供しています。ですから、外見にコンプレックスを抱えている方は、まず大阪の美容外科を受診してみましょう。


どの医院でも重視したい“医師選び”


外見の美しさを追求するなら美容外科がおすすめとはいうものの、大阪には数多くあることから美容外科選びに迷ってしまう方は多いかもしれません。そんなときに確認しておきたいのが、医師の実績や経験数などです。


大阪で確実に外見のコンプレックスを解消するには、技術の確かな医師に任せる必要があります。大阪の美容外科にてニキビなどの治療を受ける際にも、医師の技術は重要になってきます。これは形成外科や美容皮膚科でもいえることで、確実な効果を得られるかは医師の技術次第。形成外科、美容外科、美容皮膚科の違いについて分かったら、医師の技術を確認しながら大阪の医院選びを行うことが大切です。


診療科の特徴を押さえて受診する場所を見極める


以上が、形成外科、美容外科、美容皮膚科それぞれで行われている治療の概要です。病気やケガなどが原因で外見を変える場合には形成外科を、美容目的で外見を変える場合には美容外科を、ニキビなどの肌トラブルを改善するには美容皮膚科をというように、目的によって受診する診療科を決めましょう。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加