すべすべ美肌を手に入れる! 医療機関だからこそ実現可能な脱毛効果


ムダ毛の処理は、多くの女性が悩まされているものの1つではないでしょうか。毎日カミソリを使ってムダ毛を処理するのは、とても手間がかかるもの。また、肌を傷つけてしまう可能性もあります。そんなムダ毛をまとめて処理できる機関には、東京や大阪など都市部を中心に発展している“脱毛サロン”と“美容外科”の2つがあります。今回は、そのうちの1つ美容外科で行う脱毛の施術やその魅力について紹介していきます。


サロンと美容外科の脱毛は何が違う?


脱毛サロンと美容外科は、両方とも大阪を始め全国に展開されている上、テレビや美容雑誌の広告などで馴染みのある機関です。この2つの機関について、「どちらでも脱毛ができるし、同じような機関なのでは」と考えている人も多いのではないでしょうか。しかし、脱毛サロンと美容外科には“医療機関か否か”という決定的な違いがあります。


脱毛サロンは、あくまでもエステティシャンが施術を行う場であるため、医療機関には分類されません。それに対して美容外科は、医師が施術を行う医療機関に分類されます。この違いは、施術の方法や程度に大きく影響を与えます。例えば、医療機関である美容外科では、強力な照射力のあるレーザーを使った治療が行われます。


このレーザー治療は、発毛を促す細胞である“毛乳頭”と呼ばれる部分を破壊して、半永久的に発毛させないようにするという施術です。この「毛乳頭を破壊する」という行為は、法律で医療行為として認定されています。そのため、脱毛サロンやエステといった非医療機関では、こうした強力なレーザー治療を取り扱うことはできません。
脱毛サロンのレーザー治療は、この毛乳頭を破壊するのではなくダメージを与えて弱らせるという施術です。したがって、半永久的な脱毛効果はあまり望めません。大阪などでこうした施術を受ける際は、施術の具体的な違いについて知っておくことが大事です。


美容外科の脱毛にはこんなメリットも


前述したとおり、美容外科は医療機関の1つです。したがって、美容外科ではより強力で効果的な治療を受けることができます。さらに、医療機関では万が一のトラブルが発生した際、すぐに医療的な対処を受けることができます。また、レーザー治療だけでなくその他の脱毛施術も、大阪や東京などを始めとする全国の美容外科で取り入れられています。例を挙げると、“フォトRF脱毛”と呼ばれる施術があります。


この“フォトRF”は、肌のくすみやシミの解消、脱毛の際に行われる施術です。毛の再生組織に直接ダメージを与え、ムダ毛をまとめて処理することができます。従来のレーザー治療が一度毛のメラニンに熱を集中させてから周辺組織に熱を与えていたのに対し、フォトRFはメラニン色素の量に関係なく真皮層、皮下組織にまで光や高周波のエネルギーを送り、毛の周辺組織に直接ダメージを与えることができます。また、フォトRFには痛みや熱といった患者への負担が少ないため、施術の痛みが心配な人でも安心です。加えて、レーザー治療では難しかった顔の産毛の脱毛も、フォトRFは回数を重ねることでその効果がアップします。


両者の違いをよく知った上でクリニックを選ぼう


脱毛をするとなったとき、脱毛サロンと美容外科のどちらを選べばいいのか迷ってしまう人は多いのではないでしょうか。特に、大阪や東京といった大都市エリアならなおさらです。大阪などの都心では、脱毛サロンや美容外科といった機関が多く営業しています。
「地元の大阪で施術を受けたい」、「大阪で施術を受けるなら、脱毛サロンと美容外科のどちらを選べばいいのかわからない」とお悩みの人は、より高い治療効果が実感できる上、万が一のトラブル時には迅速な医療行為で対応が可能な美容外科を選びましょう。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加